2015

星空

今日も雨だった。
やっぱり、この日に雨が降るのは残念だ。
必ずしも、空を見上げるわけではないし、天の川が見えるわけではないのだけれど、なんだか雨降りだとがっかりしてしまう。
子供のころ、出来たばかりのプラネタリウムに初めて行った時、もし星が全て見えたら、、と言って投影してくれた「満天の星空」にひどく感動したのを覚えている。
真っ暗のドームの中で、どんどん星が増えていき、満天の星空になると、ドームの中にいることを忘れてしまい、くるくると地球に吸い込まれていくような気分になった。プラネタリウムのドームの中でシートの中に身をうずめて、なんだかくらくらと吸い込まれていきそうになるのが少し恐くて、でもいつもとてもわくわくしたのだった。


今でも子供の入場料は100円だというから、その当時10円とか20円だったろうか。プールに行って、プラネタリウムに行って、、夏のささやかな楽しみだったような気がする。

そういえは、お金はないけど時間はたっぷりあった学生時代にも、ボーイフレンドとプラネタリウムに何度も行った。今はなくなってしまった渋谷の五島プラネタリウム、池袋のサンシャインのプラネタリウム。いわゆるバブルの頃、プラネタリウムなんてところに来る人はあまりいなくて、いつもガラガラであった。星に興味があるわけではない。星の話をするわけでもなかった。ただ、プラネタリウムの真っ暗なドームの星空の下にいるのが好きだった。二人になりたかった・・・いいえ満天の星空の下で一人になりたかったのかもしれない。彼がどんなことを思って星空の下にいたのかは、もう確かめることはないけれど。

降るような星空、煌めく天の川 東京では臨むことはできないことは分かっている。けれど、七夕の日に星が見えると嬉しいのは、そんな昔の記憶なのかもしれない。

休め

久しぶりに、ダウン。
忙しかった仕事がなんとなく、終わりが見えてきた。
ちょっとした心配ごとが、解決した。
そんな時、ときどき「休め」の信号が出る。

ストレスがかかって、それが解放された時に偏頭痛が起きることが
多いのだとか。
今回に限っては、無理していたのがわかっていたから
むしろ体が正直に反応したことに、ほっとする。
頭が痛いのに、なんだか安心する。

無理してたね。あたし。
白花油をちょっとつけたら、すーっと眠りに落ちた。

土曜日の午後

今日も自転車でピラティスのレッスンに行く。
スタジオの高い天井までの一面のガラス窓に、青い空に白い雲が流れていく。
行くたび思うにけれど、レッスンの時間は土曜の午後の一番いい時間だ。

この1コマがなければ、もっと土曜が有効に使えるんだろうな、とも思うこともある。
この1コマがあるから、私の1週間が有効に使えるようになっているようにも思う。
と、いってもレッスン中は、本当に集中しているので、そんなことを考えるのは
スタジオのあるマンションの廊下を歩いている時くらいだが。

おかげで、呼吸はずいぶんと大きく深くなったし、姿勢は本当に良くなったと思う。
何より、子供のころから、運動は不得意だったし、体を動かすのが嫌いだった私が、
このところ、体を動かさないと
「体を動かしたい」
とさえ、思うようになっている。

体を思いっきり動かして、体がすっきりしたっていう感覚を知ったのも 本当に最近
のことだから。

もっと、動けるようになりたい。上手にできるようになりたい。
もっと、自分の体を自由にコントロールできるようになりたい。
いや、違うな、自分の体を正しく生かしたい、と思うんだ。

以前の私は、誰もが当たり前のように出来ていることが出来ていなかったんだなあ
と思う。
それは、呼吸をする、とか まっすぐ立つとか、足をあげるとか そういうこと。

やっと、欲が出てきたな、と思う。


あも

甘いものが欲しくなったので、店先であもを1本お願いした。
お気に入りの和菓子の1つだ。

待っている間に あもを1切れとお茶を出してくれた。

ほんの一口だったけれど、ほんのり甘くてとろり。ああ、やっぱりとても美味しい。
期待していなかったご褒美をもらったみたいで、とっても幸せな気分になる。

メンテナンス

2月の終わりにコンタクトレンズを失くして、「あーあ」とおもったらなんだか緊張の糸が切れた。
だいたい、忙殺されているとき、余裕の無い時には、どこか抜けているから何か失くす。
失くしたり、壊れたりして、気がつく。

「あー、だめだ、あたし」
なにやってんだよ、って我に返る。
あ、これ以上いくと ヤバイなって我に返る。

何かを失くした時は「厄を落とす」んだっていう、
神様に何か注意されたんだって気がしちゃう。
2月は本当に忙しかったから。いや 忙しかったといより、肩に力が入っていた。

肩に力が入っているのを自覚すると、とたんに身体が「無理」しているのを自覚するようになる。
頭が痛くなる。
ああ、なんだか身体が歪んでいる。
整体に駆け込んで、調整してもらった。
「ため込んだね。」

ピラティスのレッスンでも、呼吸がとてつもなく浅くなっていたので1時間みっちり呼吸のレッスン。

3月に入り、すーっとなんだか眼から鱗が落ちたよう。
新しいコンタクトレンズのせいかな。

順番

久しぶりに、新しいコンタクトレンズを作った。
最近は、めずらしくなったハードコンタクトレンズ。
在庫がなかったから出来上がりは明日。

週末は眼鏡で過ごす。
眼鏡は、先週 ちょっと曲がっちゃったのをやっと調整してもらったばかり。
めがねを直すのをまってたみたい。
あーあ、と思ったけれど、そろそろ新しいのにする時期だったんだろうなあ。

そうなるように、出来ている。

First Impression

勉強会で第1印象をたくさんフィードバックをもらうエクササイズ

・活気がある
・軽やか
・活動的
・速いって感じ
・意見を言いそう
・軽快
・フットワーク軽そう
・おしゃれ
・こわい上司
・見抜かれそう
・声をかけにくい
・笑顔がいい
・やさしそう
・守ってあげたい
・眼力がある
・じっと見られると怖い
・真を見ている
・ぴょんと跳びそう
・アウトドアな感じ

今日の私は、
「活動的で元気そう。でも眼はあわせたくないな、ちょっとこわいんだもん。」
って、感じかな。
コワイってのは男性からが多い。
本当に初めての方が多かったので素直なフィードバックだろう。

「続けてこわい、って言われるとちょっとへこみますよ。」
「でも、エッジが効いた感じ、じゃないとねーって思ってるでしょ。」
うんうん、結局そういうのが好きなんだ。
ENTP、見た目も中身もそのまんま、だな。

「第一印象と違いますね」そう言われることは多い。
それも、好きだったりする。
あまのじゃくだから。

でも第一印象はやっぱり服装とかに大きく影響されるもの。
こういうエクササイズは時々やることがあるけれど、服装によってずいぶんとフィードバックが異なる。
この日は、パーカーにスリムのデニムという会場でもっともカジュアルな服装だ。
パーカーは最後までブルーと悩んで買った黒。パステルカラーだったらまた違ったフィードバックもあっただろう。
ワンピースを着てきたらまた違ったのだろう(冬は1着しかないけれど)。

でも、この服装を選んできたのは今日の”わたくし”。
だから、おもしろい。

意外なフィードバックをもらった、という方は案外「服装」の力が大きい。
もっと、あなたの魅力を引き出す服装があるのにな、と思う人は少なくない。
もっと、もっときれいに、カッコよくなることがわかるから、キラキラさせたくなる。
だから、プレゼンスマネジメントってのは大好き。

万事成りゆきのままに

小吉

万事成りゆきのままに身をゆだねる時。運気はいまのところ停滞しているので、下手に動いたり、小細工はさけること。流れに自然に従えば、物事はひとりでに発展していく。
ここは心にゆとりをもって将来の方針をじっくりたてる時。短期を起こして自ら事の成り立ちを破らぬように。

私にとっては大吉みたいなもの。
「成りゆきにまかせて」
「流れに自然に従う」
一番欲しい言葉が並んでる。

仕事:しばらくの間は無理をせずじっくり攻めるとよい。周囲の歩調と合わせることが得策。
学業:小細工を考えないで実力を目いっぱい発揮できるよう正攻法をとれ。必ず成果があがる。

どっちも、神様はよくみていらっしゃるということか。
おみくじと一緒にはいっていた縁起物は「おかめ」。
「笑うかどには福来たる」、小さなおかめはやっぱりお財布に入れてみる。


紅白の梅の香りがただよっていた。

香取神宮

好きなこと

本屋でぷらぷら、あてもなく見て回った。
今日は、目的はない。欲しい本を探しにきたわけではない。
仕事の本も今日はいらない。

こんな時はいつもまずはホビーのコーナーだ。
結局、本当に好きなこと、楽しいことはこの領域なのだろう。
眺めているだけで、元気で優しい気持ち。
実際に作ってみることは少なくても眺めているだけで楽しい。

昔むかーし、小学生の時から、変わらない。
ゆうべ本棚の整理をしていても、結局捨てられない本たちの隣に並べよう。

贈って楽しい 手作りカード
贈って楽しい 手作りカード
かわいい写真を撮る方法。
かわいい写真を撮る方法。

結局、数冊仕事の本も買って帰る。

«虹色